FC2ブログ

教諭が酒気帯び運転…「早く家に帰りたかった」

2015年03月29日(日)12時02分 YOMIURI ONLINE

教諭が酒気帯び運転…「早く家に帰りたかった」

 長野県小諸市教育委員会は28日、市立中学校に勤務する男性教諭(48)が道交法違反(酒気帯び運転)容疑で小諸署に摘発されたと発表した。

 発表によると、男性教諭は26日夜、転任する教職員の送別会に出席。ビールや焼酎を飲み、自宅に帰る際、酒気帯び状態で車を運転したという。同日午後11時35分頃、市内の国道141号で小諸署のパトカーに呼び止められて呼気検査し、アルコールが検出された。

 男性教諭は送別会後、運転代行を呼ぼうとしたものの携帯電話が電池切れで、車で充電したが待ちきれずに運転したという。中学校や市教委の調査に対し、男性教諭は「早く家に帰りたかった」と説明。男性教諭は摘発された後、自宅謹慎している。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2015年06月19日(金) 毎日新聞 地方版

飲酒運転:容疑の教諭ら2人処分 県教委 /長野

 県教委は18日、飲酒運転の疑いで書類送検された男性教諭ら2人を免職などの懲戒処分とした。

 懲戒免職は小諸市立芦原中学校の小林丈美教諭(48)。3月26日夜、市内の飲食店であった同僚の送別会で約5時間飲酒し、車を運転して帰宅途中、道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で検挙・書類送検された。その後、道交法違反罪で佐久簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。

 また、知人の男女2人を中傷するメールを送ったとして名誉毀損(きそん)容疑で逮捕された長野市立松ケ丘小学校の男性教諭(48)については、停職3カ月とした。男性は1〜3月、封書なども含め数十通を学校などに送ったという。名誉毀損罪で長野簡裁から、罰金50万円の略式命令を受けた。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク