FC2ブログ

酒気帯び運転で衝突事故 養護学校教諭を逮捕

2014年12月22日(月)12時21分 NHK鳥取放送局

養護学校教諭が酒気帯びで事故

22日朝早く、鳥取市内の県道で、出勤途中の養護学校教諭の男が運転する車と普通トラックが衝突しました。この事故によるケガ人はいませんでしたが、教諭の男からは基準を超えるアルコールが検出されたため、警察はこの男を酒気帯び運転の疑いで逮捕しました。
酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、鳥取市若葉台南の県立鳥取養護学校教諭の山崎真司容疑者45歳です。
警察によりますと、22日午前6時半ごろ、鳥取市桂木の県道で山崎教諭が運転する乗用車が、対向車線を走ってきた普通トラックと衝突しました。
この事故で、ケガをした人はいませんでしたが、山崎教諭からアルコールの臭いがしたため、警察で調べたところ、基準を上回る呼気1リットル当たり0.2ミリグラムのアルコールが検出されたということです。
警察によりますと、山崎教諭は「21日夜、自宅で焼酎を飲んだ」と話しているいうことで、山崎教諭は学校に向かう出勤途中でした。
事故当時現場の路面は凍結していたということで、警察で事故の状況や飲酒の経緯などについて詳しく調べています。
山崎教諭は中学部でクラス担任をしているということで、鳥取養護学校の野坂尚史校長は「教職員に対してふだんから飲酒をした時は、絶対に運転しないよう指導してきたが、酒気帯び運転の事故と聞いて本当に遺憾です。教職員に対して改めて指導していきたい」と話していました。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク