FC2ブログ

女子生徒3人に「好きだ」「放課後残りなさい」と不適切なメッセージを送った教諭

2014年10月31日 11時53分 YOMIURI ONLINE

教諭、中3にラインで「好きだ」「放課後残れ」

 東京都江戸川区立中の40代の男性教諭が、無料通話アプリ「LINE(ライン)」で3年生の女子生徒3人に「好きだ」「放課後残りなさい」などと不適切なメッセージを送っていたことが30日、区教育委員会への取材で分かった。

 学校側の調査に、教諭は送信の事実は認めているが、具体的な内容については「覚えていない」と話しているという。区教委では今後、教諭から詳しく事情を聞く。

 区教委によると、教諭はクラス担任で学年主任も務め、校内では真面目な生徒指導が評価されていたという。今年4月以降、ラインで3年生の男子、女子生徒計5人とメッセージのやりとりをするようになり、9月頃にこのうち3人の女子生徒に「好きだ」などと交際を迫るかのようなメッセージを送ったという。

 3人の中には、「教えてあげるから放課後残りなさい」「こういうところを頑張れば成績が上がるよ」などというメッセージを受け取った生徒もいたという。3人はいずれのメッセージにも返信しなかった。

 今月27日、メッセージが送られていることを女子生徒の友人が知り、その保護者を通じて、中学校側に「教諭と生徒がメッセージのやりとりをしていいのか」と問い合わせがあった。学校側が生徒に確認し、送信の事実を確認した。

 学校の調査に対し、教諭は具体的な中身については「覚えていない」とし、履歴も「消した」と話しているが、メッセージを送信したことは認めているという。同校では教諭に当面授業を受け持たせないことを決め、3年生の生徒全員に謝罪した。

 区教委では「一部の生徒とだけやりとりしていたことだけでも問題だが、不適切な中身も事実なら教育現場への信用を失墜させる」として、今後、教諭から直接聞き取り調査を行い、結果を都教委へ報告する。悪質と判断した場合は処分の検討を依頼する方針。

 区教委指導室の松井慎一室長は「子どもたちに大変申し訳ない。教員のあるべき姿ではなく、事実確認を丁寧に進めたい」と話している。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク