FC2ブログ

和歌山大付中 教諭投げたほうきで女生徒4針縫うけが

2014年11月1日(土)16時38分 Sponichi Annex

和歌山大付中 教諭投げたほうきで女生徒4針縫うけが「指針に沿って非公表」

 和歌山大教育学部付属中で2011年5月、20代の男性教諭が投げたほうきが女子生徒に当たり、頭部にけがをさせていたことが1日、和歌山大への情報公開請求で分かった。この件や別の体罰について学校側は公表していなかった。

 大学によると、教諭は11年5月、校内の多目的ホールで、清掃活動をせず雑談していた2年生(当時)の女子生徒3人の足元をめがけ、ほうきを投げつけた。1人の頭に当たり、4針を縫うけがをさせた。

 教諭は「音をたてて威嚇するためで、生徒に直接投げようとしたわけではない」と釈明。学校は生徒と保護者に謝罪し、この教諭を懲戒処分より軽い訓告処分とした。

 付属中では12年6月にも、学年主任の40代の男性教諭が、放送室で2年生(当時)の男子生徒の頬を平手打ちし、蹴りつける体罰を加えた。この学年主任については同年3月、他の生徒への体罰で匿名の告発があったばかりで訓告処分とした。

 同大学の池下和美総務課長は「指針に沿って非公表とした」とする一方で「甘い処分だと言われれば、そうかもしれない。他の国立大の事例を参考に処分の基準見直しも検討したい」と話した。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク