FC2ブログ

盗撮目的で校内にカメラ設置 出水高教諭を免職処分

2014年10月10日 YOMIURI ONLINE

盗撮目的で校内にカメラ設置 出水高教諭を免職処分

 県教委は9日、勤務する学校内に盗撮の目的でビデオカメラを設置したとして、県立出水高校の仲田優夏(ゆうか)教諭(33)を懲戒免職処分とした。また、問題を把握しながら速やかに県教委に報告しなかったとして、同校の校長(58)を減給3か月(10分の1)の懲戒処分とした。

 発表によると、仲田教諭は9月5~6日、校内にフック型のカメラを設置して作動させた。カメラが発見された翌日の同7日、盗撮するためだったと名乗り出た。カメラに生徒らの画像や動画は写っていなかったという。

 仲田教諭は2011年4月、新規採用の男性教諭として同校に配属された。今年度は3年生のクラスの担任をし、生物の授業を担当していた。

 このほか、県教委は9日、乗用車を運転中に速度違反をした姶良・伊佐地区の中学校の男性教諭(40)と、鹿児島地区の小学校の男性教諭(49)について、それぞれ減給1か月(10分の1)とした。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク