FC2ブログ

教諭の勘違いで決勝に出れず  相撲選手権大会

2014年08月27日 (水)10時28分 YOMIURI ONLINE

引率教諭「敗退」と勘違い…中学相撲で不戦敗に

 徳島県で今月23、24日に開かれた全国中学校体育大会の相撲選手権大会で、団体戦に出た三重県代表の鳥羽東中(鳥羽市)が、引率教諭の勘違いで決勝トーナメントに出場せず、不戦敗になっていたことが26日わかった。

 団体戦は、1チーム(5人編成)が3試合の予選を行い、1人勝つごとに1点が与えられ、勝ち数と総得点で上位32チームが決勝トーナメントに進出する形式で争われた。しかし、同校によると、予選を1勝2敗と負け越したため、引率教諭が「敗退」と勘違い。選手らは帰途についたが、選手がいないのに気付いた大会本部からの電話で、決勝に進出していたことがわかった。ただ、引き返すには間に合わず、引率教諭はその場で選手たちに謝罪したという。

関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク