FC2ブログ

40代の高校教諭 自身FBに不適切投稿

2014年8月21日(木) 大分合同新聞

40代の高校教諭 自身FBに不適切投稿

 県立山香農業高校(杵築市山香町)の40代の男性教諭がインターネット上のニュースをめぐり、自身のフェイスブック(FB)に「極左・極右と取り巻き連中が殺し合って、双方消えてしまえば、日本からごみが排除されて大変美しい国になると思う」などと投稿していたことが20日、同校への取材で分かった。同校は「教育公務員の自覚に欠けた極めて不適切な発言」として、男性教諭を厳重注意した。

 同校などによると、ニュースは在日コリアンの女性フリージャーナリストがインターネット上の記載で精神的な苦痛を受けたとして、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などに損害賠償を求める訴訟を起こしたとの内容だった。

 ほかにもある国会議員の行動に関し、「慰安婦捏造(ねつぞう)の件でさっさと国会で証人喚問して、外患誘致罪で死刑にしてください」などの投稿もしていた。男性教諭はFBで氏名、勤務先の学校名や教諭であるプロフィルを公表していた。

 20日に外部から学校に指摘があり問題が発覚。同校が男性教諭に確認したところ投稿を認め、「考えが至らなかった」と反省したという。男性教諭はFBに謝罪文を掲載し、過去の投稿は見られないようにした。

 同校の垂水資明教頭は「学校現場で行われたことではないが、教育公務員の立場を忘れての言動であり、不適切な書き込みだった。誠に残念で不快な思いをされた方には申し訳ない」と話した。県教委は「学校からの詳しい報告を待ち、事実関係の把握に努める」としている。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク