FC2ブログ

小学校教諭が男子児童に「窓から飛び降りるか」と暴言

2014年08月14日11時30分 毎日新聞

暴言:教諭、小2に「窓から飛び降りるか」 浜松

 浜松市南区の市立白脇小学校で先月、男性教諭(41)が2年生の男子児童に「窓から飛び降りるか」と言うなど、不適切な指導を繰り返していたことが14日、市教委への取材で分かった。外国籍の親を持つ児童に「国へ帰れ」と暴言を吐いたこともあったといい、市教委は「厳正に対処する」としている。

 市教委や同校によると、教諭は先月17日、担任を務める2年生クラスの「帰りの会」で、話を聞かない男児に「やる気があるのか」「窓から飛び降りるか」などと発言し、男児を立たせようと腕を引っ張った。男児は倒れて近くにいた女児にぶつかり、女児は背中に軽い打撲を負った。教室は校舎3階にある。

 教諭は2人の保護者に謝罪。同校は同25日、緊急のクラス保護者会を開き、校長や教頭らが経過を説明した。別の児童に対しても「国へ帰れ」などの問題発言が複数回あることから、一部の保護者からは「担任を代えてほしい」との要望が出たという。

 同校は2学期以降も教諭に担任を任せるかなどを問うアンケートを、クラスの保護者に配布した。今月25日までに結果を集計し、対応を決めるとしている。


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年08月30日(土)13時24分 YOMIURI ONLINE

「飛び降りるか」「国へ帰れ」発言の教諭を戒告

 浜松市立白脇小学校の男性教諭(41)が2年生の男子児童(8)に「窓から飛び降りるか」などと不適切な発言をした問題で、市教委は29日、教諭を戒告の懲戒処分とした。

 不適切な言動による懲戒処分は、政令市になって初めてという。また、校長(59)を文書訓告、教頭(54)を文書による厳重注意とした。

 市教委などによると、教諭は7月17日、担任を務める2年生のクラスで、話を聞かなかった男児に対して不適切な発言をした。それ以前には、外国籍の親を持つ児童に「国へ帰れ」とも発言していた。

 市教委の児玉一記教育長は29日、臨時校長・園長会で「申し訳ない気持ち。子どもの存在を否定するかのような人権を軽視した発言と言わざるを得ない。教師が発する言葉には責任を持たないといけない」などと、約200人の前で述べた。

 児玉教育長によると、処分を受けた教諭は2学期から担任を外れる。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク