FC2ブログ

「嫌がらせで精神疾患」 元生徒が教諭を提訴

2014年7月23日(水)13時06分 神戸新聞NEXT

「嫌がらせで精神疾患」 元生徒が教諭を提訴 神戸地裁

 豊岡市内の兵庫県立高校で、所属していた陸上部の顧問だった30代男性教諭から嫌がらせを受けて精神疾患になったとして、元生徒の女性と両親が、教諭と県に慰謝料など550万円の損害賠償を求め神戸地裁に提訴していたことが分かった。

 訴状によると、女性は2010年8月、陸上部の合宿で、教諭が「こうすれば首を絞められる」と言い、別の生徒の首を絞めて失神させたのを目撃。

 女性が「ほかの先生に伝えます」と言うと「俺はどういうふうに絞めたら死ぬか分かっている。試してみるか」とどう喝されたという。その後、故意に足を踏まれたり、壁に押しつけられたりする嫌がらせを受けるようになった、としている。

 女性はその後、過呼吸やパニックの発作を度々起こし、12年末に同校を退学。「解離性障害」と診断された。

 女性側は「教諭の加害行為と発症の因果関係は明らかで、ほかの教諭も適切な対応を怠った」と主張。教諭と県側は、教諭が生徒を失神させたことを認めた上で「女性に対し嫌がらせをしたことはない」と請求棄却を求めている。

 県教育委員会は「訴状の内容を精査し、適切に対応したい」とコメントした。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク