FC2ブログ

懲戒免職や重い停職処分の教職員 実名公表へ。 児童、生徒が被害者の場合は匿名。

2014年06月20日(金)06時25分 北海道新聞 Doshin Web

懲戒免職や重い停職処分の教職員 7月から実名公表 北海道教委 HPにも掲載

 道教委は19日、懲戒免職処分と重い停職処分を受けた教職員の氏名と学校名を、実名で公表する基準を設けたと発表した。7月1日以降に道教委に報告があった事案から実名公表に切り替える。

 道教委によると、免職処分と、酒気帯び運転や重い体罰など「社会的影響が大きいと認められる事故にかかわる停職処分」(おおむね停職3、4カ月以上)の対象者について、ホームページ上に実名を載せる。わいせつ事案については、児童、生徒が被害者の場合はこれまで通り匿名発表する。

 道教委によると、昨年度に懲戒免職処分を受けた教職員は14人、本年度は既に5人おり、実名発表で不祥事防止の抑止力を働かせたい考え。これまでは処分を受けた教職員は原則匿名のまま勤務地域と年齢のみを公表していた。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク