FC2ブログ

金沢大教授が教え子の論文を盗用

2014年05月20日(火)18時09分 時事ドットコム

教え子の論文盗用=教授処分、本人は否定-金沢大

 金沢大は20日、人間社会研究域の60代の男性教授が、指導していた大学院生の論文を盗用し2010年の国際誌に投稿したとして、1年間の出勤停止にしたと発表した。論文は院生が執筆したが、教授が第一著者とされ、院生の名前が除かれていた。

 処分は昨年9月26日付。教授は盗用を否定し、今年2月に処分を不当として金沢地裁に提訴している。

 同大によると、12年12月に大学院生が相談。学内の審査委員会は、教授が院生の了解を得ず適切な表示もせずに論文を流用しており、盗用に当たると判断した。

 福森義宏副学長は「盗用は研究者の根幹に関わる問題。再発防止に一層努力する」と話している。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク