FC2ブログ

教え子へのわいせつ行為や酒気帯び運転、体罰などで教諭5人を処分

2013年12月19日(木)10時54分 千葉日報ウェブ ちばとぴ

教諭5人を懲戒処分 教育長「県民裏切りおわび」 わいせつ、酒気帯び、体罰…

 県教委は18日、教え子へのわいせつ行為や酒気帯び運転、体罰などでいずれも男性で31~49歳の教諭5人に対して懲戒処分を行ったと発表した。処分は免職1人、停職2人、減給1人、戒告1人。滝本寛教育長は県庁で記者会見し、大量処分に「不祥事根絶に向けて取り組む中で、このような事態になり遺憾。県民の信頼を裏切りおわびする」と深々と頭を下げた。

 県教委によると、免職になったのは県東部の県立高校の教諭(36)。教諭は今年7月中旬から同高校の女子生徒と交際し、同月から11月下旬まで自宅マンションで複数回わいせつ行為を行った。今月2日、教諭の休暇と女子生徒の欠席の日付が多く重なっていることに別の教諭が気付き、4日、校長が問題の教諭に確認して発覚した。

 教諭は「教員の立場を忘れた。生徒や保護者らを傷つけ申し訳ない」と反省しているという。県教委は女子生徒側の意向を理由に高校名や教諭の名前を公表していない。

 滝本教育長は「わいせつ行為やセクハラはあってはならないこと」「飲酒運転や体罰なども重く受け止めている」などと述べた上で、18日に千葉市を除く県内の公立小・中・高・特別支援学校に綱紀粛正を求める通知を行ったことを明らかにした。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク