FC2ブログ

先生が女子生徒へ「好き」月に1000通

2013年11月15日9時7分 nikkansports.com

先生が女子生徒へ「好き」月に1000通

 高校教諭の男性から女子生徒へ、一方的な愛情表現だった。愛知県教育委員会は14日、同県瀬戸市の公立高校の男性英語教諭(46)が無料通信アプリLINE(ライン)を使い、教え子の女子生徒に「好きです」と好意を伝えるメッセージなどを1カ月間に約1000通送ったとして、停職3カ月の懲戒処分にした。教諭は15日付で依願退職する。教諭は妻子と別居中で、寂しさを紛らわすためにメッセージを重ねていた。

 県教委によると、教諭は8月にスマートフォン(多機能携帯電話)を購入。同19日にLINEの設定を勤務先の学校の生徒に頼んだ。同日から約1カ月間、この生徒と同じLINEのグループにいる女子生徒に約1000通のメッセージを送信。「好きです」「いつもきれいだよ」と好意を書き込んだり、別の生徒名を挙げて「試験で赤点を取る迷惑なやつだ」、別の先生が話題に上ると「あの先生は担任に向いていない」と漏らすなど、守秘義務にも違反していた。

 教諭は女子生徒のクラスで英語を担当していた。女子生徒からLINEのやりとりを聞いた母親が、9月上旬に学校へ苦情を申し出て、大量のメッセージ送信が発覚した。同校は内規で、生徒との私的なメール交信を禁じていた。教諭は「妻子と別居中で、自分の寂しさを紛らわせるためだった。LINEでやりとりするうちに好意を抱いた。後悔の気持ちでいっぱいです」と話しているという。

 問題発覚後、教諭への事情聴取や女子生徒と保護者への謝罪、他の生徒への説明などを経て、県教委は停職3カ月の懲戒処分を決定。教諭はこの日、退職願を提出し、15日付で受理される。県教委の担当者は「教諭に2度、事情聴取したが、精神的に病んでいる様子はなかった」と振り返った。教諭と女子生徒は2人だけで会ったことはなく、女子生徒にも特に変わった様子はないという。

 約1000通のメッセージには、日別の大幅な増減はなく、1日30~40通のペースが続いたという。文字のやりとりだけで、写真の添付はなかった。前出の担当者は「今回のようなトラブルは、県内では初めて。インターネット上の生徒とのメールのやりとりは注意するように、今学期中に県内の公立小中高校の校長宛てに通知するつもりです」と語った。

<教え子の女子生徒に男性教諭が起こした主なトラブル>

 ◆盗撮 京都市の市立中学教諭(当時28)が昨年10月、授業中に複数の女子生徒のスカート内をデジタルカメラで盗撮した。三重県多気町の公立中学教諭(当時32)が今年6月、勤務先の女子生徒宅の敷地内に侵入。携帯電話を使って脱衣場を盗撮した。

 ◆わいせつ行為 愛媛県松山市の市立中学教諭(当時52)が11年12月下旬と昨年1月上旬の計2回、放課後や休日に自分の乗用車内で数十分間、勤務先の女子生徒の下半身を服の上から触った(逮捕容疑)。埼玉県の公立中学教諭(当時57)が昨年6月、担任する女子生徒の自宅を訪問。生徒を横たわらせた上、抱き締めるなどした。

 ◆性行為 神奈川県の県立高校教諭(当時30)が11年6~10月に計6回、勤務先の女子生徒を自宅に呼び、性行為をした。静岡県の県立高校教諭(当時25)が11年8月から12年6月の間に計2回、勤務先の女子生徒とホテルで会い、男女関係になった。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク