FC2ブログ

酒気帯び運転で看護学校の女性教員を摘発

2013年7月1日07時52分 読売新聞 YOMIURI ONLINE

女性教員、酒気帯び運転…公務員6日で4件の県

 高知県警高知南署は30日、国立病院機構高知病院付属看護学校(高知市朝倉西町)の女性教員(36)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で摘発した。

 県内の公務員による酒気帯び運転は、25日から6日間で4件目。

 県警交通指導課によると、女性教員は、同日午前1時50分頃、高知市鷹匠町の市道で酒気帯び状態で乗用車を運転した疑い。女性教員が蛇行運転しているのを同署員が見つけ、飲酒検知で呼気1リットル中0・15ミリ・グラム以上のアルコール分を検出したという。

 同校の山田円まどか教育主事は「飲酒運転が社会問題となっている中、このような事態を起こし、大変申し訳ない。職員の研修などで再発防止に努める」と話した。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク