FC2ブログ

都留文大教授、女子学生2人にセクハラ行為をして停職処分

2012年6月29日 読売新聞 YOMIURI ONLINE

セクハラにアカハラ、都留文大教授を停職1か月

 山梨県都留市田原の都留文科大(加藤祐三学長)は28日、女子学生2人にセクハラ行為などを行ったとして、文学部初等教育学科の体育担当の男性教授(65)を停職1か月の懲戒処分にしたと発表した。

 同大によると、女子学生の一人は2011年5月頃、教授から研究室に呼び出され、
「デートしないか」と言われたとして、同年7月に同大人権委員会に訴えた。

 もう一人の女子学生は同年6月に行われた体育の授業中、体調不良で休みたいと申し出たのに教授が取り合わず、授業を抜けようとすると「単位をやらないぞ」と言われたという。同月、アカデミック・ハラスメント(嫌がらせ)に当たるとして、人権委に訴えた。

 同大の調査に対し、教授はデートに誘った発言について「この学生には言っていない」とし、「単位をやらない」との発言は「言っていない」と否定した。

 同大理事会は、複数の学生から被害の訴えがあったことを重視し、教授の行為を「職員としてふさわしくない非行」と認定した。教授は理事会に対し、「処分については受け入れる」と表明したという。

関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク