FC2ブログ

中学教諭が保険料紛失や生徒への体罰・暴言 市教委が謝罪

2013年4月24日08時00分 読売新聞 YOMIURI ONLINE

生徒の保険料紛失した上、体罰加え暴言吐く教諭

 群馬県太田市の市立中学校の30歳代の男性教諭が生徒の自転車保険料約26万円を紛失し、1年間報告を怠っていた問題で、同市教委は23日、記者会見を開いて謝罪した。

 教諭が生徒に体罰を与え、暴言を吐いていたことも明らかにした。

 市教委は記者会見で、今月15日に学校側から生徒54人分の保険料を紛失したとの報告を受けたと説明。学校側は19日、保護者会を開いて謝罪し、生徒の保険加入を完了させたとした。

 男性教諭は市教委の調査に対し、1年間報告しなかったのは「発覚するのが怖かった。5月連休以降、罪の意識が薄れてしまった」と説明し、「保護者におわびしたい」とも話しているという。

 男性教諭による体罰では、生徒にけがはなかった。暴言は、顧問を務めた部活で吐いていたという。具体的内容について市教委は、県教委に報告済みで公表を待っているとして明らかにしなかった。

 岡田孝夫教育長は「ご迷惑をおかけした。再発防止を徹底したい」と謝罪した。同市教委は23日夕、臨時の校長会を開き、再発防止へ指導を行った。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク