FC2ブログ

盗撮で逮捕された教諭、復職するも保護者の反発が相次ぐ

2012年5月29日 読売新聞

盗撮で逮捕された教諭、復職するも保護者の反発が相次ぐ

 道迷惑防止条例違反(盗撮)事件で逮捕、罰金刑を受け、停職2か月の懲戒処分となった浦河町の町立中学校の男性教諭(48)が勤務先の中学校に復職するとして、同校が保護者説明会を開いたところ、反対意見が相次いだことがわかった。道教育委員会は、停職処分を受けた教職員が復職する場合、処分前の元の職場に戻るのが原則との立場で、男性教諭は29日に同校に復職する。道教委は今後の対応について、町教育委員会と協議する。

 この教諭は昨年12月21日、札幌市中央区の量販店で、買い物中の女子高校生に後ろから近づき、小型カメラでスカート内を盗撮しようとして、同条例違反で現行犯逮捕された。その後、静内簡裁で罰金30万円の略式命令を受け、罰金を支払った。

 教諭の刑事処分を受け、道教委は3月28日付で停職2か月の懲戒処分を決定。懲戒処分の決定後も、教諭は退職せず、教職を続ける意向を示したため、同町教委は「博物館や道教委関連団体など、子どもたちと顔を合わせない職場に勤務させてほしい」と要望した。これに対し、道教委は「教員の身分で行政職や博物館の職員をやらせるのは制度上難しい」とし、教諭は同校に復職することになった。

 同校は25日夜、保護者説明会を開き、約50人の父母らが参加した。参加した保護者らによると、校長らが復職の経緯などを説明したところ、「子どもたちに社会正義を教えられるのか」などと、復職に反対する意見が相次ぎ、会議は約2時間に及んだという。

 教諭の人事権は道教委にあり、今回の道教委の判断に困った町教委では、教諭の勤務方法などについて、「教壇に立たせないなど、生徒の学ぶ環境に影響が出ないよう対策を考えたい」(岡内猛教育長)としている。

 道教委担当者は「(事件後に)自ら退職する人も多いため、職場復帰を巡って今回のように、保護者らから異論が出たケースは記憶にない」としながらも、「生徒や保護者が不安を抱いていることを重く受け止めないといけない。町教委の意見を聞きながら対応を協議したい」としている。




2012年6月15日 21時28日配信 MSN産経ニュース

スカート盗撮教諭の復職に保護者反発

 北海道教育委員会は15日、女子高生のスカートの中を盗撮しようとして停職処分を受けた公立中学校の男性教諭(48)が、停職期間を終えて同じ学校に復職することに保護者から反発が起きたとして、教諭を当分の間、道立の研究所で研修させるとの異例の措置を発表した。

 教諭は昨年12月に道迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕され、その後罰金の略式命令を受けた。札幌市を除く北海道内では過去10年間に同様の事案で7人の教員が停職処分を受けており、道教委は3月、男性を停職2カ月の懲戒処分とした。

 だが、過去の7人は全員が依願退職したのに対し、男性は退職の意向を示さず、同じ学校で復職する事態に。保護者から配置換えを望む意見が続出し、道教委が対応を検討していた。

 道教委は「一度停職という処分を下した後は同じ事案で免職にはできない」と説明。研究所では教員倫理の講義を受けさせるなどの研修を実施、その後は教員としての人事異動が行われる可能性があるという。




2012年9月27日 17時15分 nikkansports.com

盗撮の男性教諭が退職…復職に保護者反発

 女子高生のスカートの中を盗撮しようとして停職処分を受けた後、北海道立教育研究所で研修を受けていた道内の男性教諭(48)が、27日までに退職した。男性は停職期間終了後も退職の意向を示さず、勤めていた公立中学校に復職することに保護者が反発。道教委が研究所で研修させていた。

 男性は昨年12月、道迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕され、その後罰金の略式命令を受け、道教委が停職2カ月の懲戒処分にした。

 道教委によると、男性は6月半ばから7月初めまで研修を受けたが、その後体調不良を理由に休みを取得。その後退職を申し出て、8月31日付で退職した。理由について「一身上の都合」と話しているという。(



〓 関連記事 〓
靴に小型カメラを入れ、女子高生のスカート内を盗撮
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク