FC2ブログ

入試問題を漏洩して200万円を受け取った教師

2013年2月26日(火)12時7分、nikkansports.com

同志社女子中で教諭が入試問題漏えい

 同志社女子中学(京都市上京区)で勤務していた70代の元男性教諭が、在職中の1993年、入試問題を受験生1人に教えた見返りに、保護者から現金200万円を受け取っていたことが26日、分かった。

 学校や京都府によると、元教諭は93年3月の入試問題を受験生に教えた。教諭は理科の問題の作成に携わり、他の試験教科の内容も知りうる立場にあったという。受験生は試験に合格して入学、卒業した。

 2002年に学校側に入試問題の漏えい情報が寄せられ、学校が調査。教諭が「受験生の家庭教師をしていた」などとして事実を認めたため、現金を返納させた上で謝罪させたが、公表はしなかった。同校は同年3月に依願退職した教諭の退職金を半減した。

 太田信幸校長は「人権の観点から公表はしなかった。問題漏えいはあってはならないことで、再発防止に努めたい」と話した。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク