FC2ブログ

バレー部員自殺 教諭は他校でも暴言 両親ら、懲戒免職求める

毎日新聞
2020年12月27日(日)08時32分

バレー部員自殺 教諭は他校でも暴言 両親ら、懲戒免職求める

 岩手県立不来方高校でバレーボール部員(当時17歳)が自殺した問題で、部員に暴言を浴びせた当時40代の男性教諭が2008~09年に勤務していた別の高校でも生徒に暴言を吐いたとして、佐藤博県教育長は26日、生徒の両親に初めて謝罪した。両親らは教諭を懲戒免職処分にするよう求めた。

 生徒の父親(64)らが同日、記者会見を開き明らかにした。父親は「加害教諭に謝罪を求めたが、(県教育委員会に)『組織として対応したいので今回は控えさせてもらう』と言われた」と明かした。父親は「真相究明ができていないので、これでは謝罪とは言えない」と突き放した。

 謝罪には自殺した新谷翼さんの父聡さん(53)も同席。県教委側から教諭の処分について初めて意見を求められたという。懲戒免職を求めた聡さんは「(教諭は)いろいろな事象を起こして反省も謝罪もない。社会通念から逸脱している」と厳しく指摘した。

 県教委は、教員による体罰などの再発防止のため「岩手モデル」策定委員会を近く設置する方針。聡さんらは、策定委のメンバーに体罰被害の経験者を入れるよう求めたという。

〓関連記事〓
バレー部員自殺で顧問教諭を書類送検
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク