FC2ブログ

体罰で減給処分。校長は市教委へ報告せず。

2013年1月10日1時11分、朝日新聞デジタル

小学校教諭、児童に頭突き・靴投げ 減給3カ月の処分

 大阪市は9日、市立小学校の男性教諭(39)を、授業中に児童の頭をたたくなどの体罰をしていたとして、減給3カ月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。処分は12月13日付。

 市教委によると、男性教諭は2010年9月、運動会の練習中に同級生と話をしていた5年生の男子児童に靴を投げつけた。靴は児童に当たらず、けがはなかった。その後も、11年11月に保護者らから抗議を受けるまで、授業中にいうことを聞かない複数の児童の頭をたたいたり、頭突きをしたりし、少なくとも児童6人に体罰を繰り返していたという。

 市教委の調査に対し、教諭は体罰をした理由について「注意しても言うことを聞かなかった。体罰をしているという認識はなかった」などと説明。校長は当初から教諭に注意していたと説明しているが、保護者からの抗議があるまで市教委に報告していなかったという。

 処分まで時間がかかった理由について、市教委は「男性教諭の指導力についての調査を優先していた」と説明。教諭は昨年8月から、市教育センターで研修を受けているという。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク