FC2ブログ

万引きで懲戒処分

NHK NEWS WEB
2020年10月19日(月)18時10分

失職元教諭 以前処分研修見直し

今月1日に有罪判決が確定し、失職した中学校の元教員が、3年前にも別の犯罪行為で懲戒処分を受けていたことから、県教育委員会は、懲戒処分を受けた教員に行う再発防止の研修について内容を見直すことになりました。

県教育委員会によりますと、18歳に満たない少女にみだらな行為をさせたなどとして有罪判決が確定し、失職した松本市の中学校に勤務していた44歳の男の元教員は、3年前にも別の犯罪行為で停職2か月の懲戒処分を受け、県教育委員会が実施する再発防止の研修を受けていました。
それにもかかわらず元教員が再び犯罪行為を犯したことから、県教育委員会は、研修の内容について見直しを進め、19日の県教育委員会の定例会で新たな研修制度について発表しました。
それによりますと新たな制度では、対象者の心理的傾向を把握する必要があるとして、最初に臨床心理士などによるカウンセリングを受けさせます。
そのうえで、対象者に合った研修内容を検討し、面談や論文の提出などを通じて反省を深めてもらうということで、治療が必要だと認められる場合には、専門医への紹介も行っていくということです。
一方、県教育委員会は、東信地域の小学校に勤務する58歳の男性教員が、ことし7月に大型商業施設で食料品を万引きしたとして、停職6か月の懲戒処分にしたことを明らかにしました。
教育委員会の聞き取りに対し、男性教員は、過去にも3回食料品を盗んでいたことを認めているということです。
県教育委員会の原山隆一教育長は男性教員の懲戒処分について「信頼回復に努めている最中に誠に遺憾で、関係者の皆様におわびします」と話しています。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク