FC2ブログ

あおり運転で書類送検

神戸新聞
2020年9月28日(月)05時30分

40代の中学校教員があおり運転 女性の車に距離詰めて追走、執拗にクラクション

 兵庫県姫路市内で車を運転し、別の車に執拗(しつよう)にクラクションを鳴らしたり、2、3メートルの距離まで詰めて追走したりしたとして、兵庫県警交通指導課と姫路署が近く、道交法違反(あおり運転)の疑いで40代の中学校教員の男性=姫路市=を書類送検する方針を固めたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。あおり運転を厳罰化した6月30日の改正道交法施行後、兵庫県内での適用は初めて。

 男性は7月8日夕、姫路市内の県道で、30代の女性が運転する車を妨害した疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、信号のない交差点で、脇道から県道に入ろうとしていた男性の車の前方が県道に出過ぎていたため、県道を走っていた車の女性がクラクションを1回鳴らした。すると、男性は女性の車に対してクラクションを執拗に鳴らしたり、距離を詰めて追いかけたり、無理な追い越しを繰り返したりしたという。

 女性からの届け出を受けた県警がドライブレコーダーや周辺の防犯カメラの映像を解析。男性が約340メートルにわたってあおり運転していたことを裏付けた。

 改正道交法ではあおり運転を「妨害運転」と規定し、他の車の通行を妨げる目的での逆走、急ブレーキ、急な車線変更など10行為を違反の対象とする。罰則は最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金。免許は即取り消しとなり、再取得できない「欠格期間」は最大3年に設定されている。



神戸新聞
2020年12月22日(火)15時16分

あおり運転で書類送検の中学教諭 停職3カ月処分

 兵庫県教育委員会は22日、あおり運転の疑いで書類送検された同県姫路市立中学校の男性教諭(46)を停職3カ月の懲戒処分とした、と発表した。

 県教委によると、男性教諭は7月8日、姫路市内を運転中、クラクションを鳴らしながら交差点を通過した乗用車の女性を執ように追い掛け、無理な追い越しをするなどしたという。

 女性からの届け出を受け、県警が9月、男性教諭を道交法違反(あおり運転)の疑いで書類送検。12月17日に罰金30万円の略式命令を受けた。

 処分に対し、男性教諭は「教育者として自覚に欠けた行動で、深く反省している」と話しているという。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク