FC2ブログ

「朝からお姫さま抱っこ」支援学校教員が不適切発言

日刊スポーツ 
2020年3月30日(月)13時37分

「朝からお姫さま抱っこ」支援学校教員が不適切発言

山口県周南市の県立周南総合支援学校の男性教員が、朝礼で高等部の生徒らに「朝からお姫さま抱っこしてもらって、感謝の気持ちを持つように」という趣旨の発言をしていたことが30日、県教育委員会への取材で分かった。車いすへ乗る際などに介助が必要な生徒もおり、県教委は不適切な発言として、校長に教員らを指導するよう指示した。

県教委によると、男性教員は19年11月、肢体不自由や知的障害のある高等部の生徒5~6人が集まった教室での朝礼で発言。他の教員も複数人同席していた。

同年11月末に、発言を知った保護者から県教委に対して「問題ではないか」と訴えがあり、校長が教員らに聞き取り調査した。男性教員は「普段のやりとりから出る言葉で、差別する意図はなかった」と説明した。県教委は12月上旬、誤解を生む不適切な発言として、同席した教員も含め、配慮した言葉遣いが必要だと指導するよう校長に指示した。

県教委特別支援教育推進室の岡崎浩一主幹は「悪意がある発言ではなかったが、不愉快な思いをする人もいるので、適切な表現をするべきだった。改善に努める」と話した。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク