FC2ブログ

無免許運転で一時停止違反 小学校教頭を現行犯逮捕

毎日新聞
2019年10月28日(月)20時49分

小学校教頭、一時停止違反容疑で逮捕 長期に無免許の可能性 宮崎県警

 軽乗用車を運転中に一時停止の道路標識がある交差点で止まらなかったとして、宮崎県警高岡署は28日、同県都城市立石山小学校教頭、高瀬敏樹容疑者(53)=同市南横市町=を道路交通法違反(一時不停止)容疑で現行犯逮捕した。同署によると、原付きバイクの免許しか所持しておらず、長期間無免許だった疑いもあるとみて調べる。

 逮捕容疑は28日午後0時50分ごろ、宮崎市高岡町高浜の国道10号交差点で道路標識に従わずに一時停止しなかったとしている。容疑を認めている。約1・5キロ走行した後、逮捕された。

 市教委によると、昨年4月に同校に着任し、車で通勤していた。教員採用は約30年前という。日隈俊郎・県教育長は「事実関係を確認したうえで厳正に対処したい」とコメントした。



フジテレビ 
2019年11月21日 木曜 午後7時29分

都城市の小学校教頭 道路交通法違反容疑で書類送検 宮崎県都城市

先月 道路交通法違反で現行犯逮捕された宮崎県都城市の小学校教頭が書類送検されました。


書類送検されたのは宮崎県都城市高城町、石山小学校の高瀬 敏樹教頭53歳です。


高瀬教頭は先月28日、宮崎市高岡町で軽乗用車を運転中、一時停止をしなかったとして現行犯逮捕されました。


その後の警察の調べで乗用車の運転免許を持っていないことが発覚。

釈放後、宮崎県都城市教育委員会が行った聞き取り調査で30年余り無免許だったことが分かりました。


家庭訪問の際には、道案内の為、児童を乗せて運転していたことも数回 あったとの事です。


警察は20日高瀬教頭を道路交通法違反の一時不停止、無免許運転などの疑いで宮崎区検に書類送検しました。


宮崎県教育委員会は「できるだけ早く処分を判断したい」とコメントしています。



NHK NEWS WEB
2019年12月13日(金)18時03分

無免許運転 教頭を懲戒免職

都城市の小学校の教頭が長年、無免許で運転をしていた問題で県教育委員会は、この教頭を懲戒免職の処分にしたと発表しました。

懲戒免職されたのは都城市立石山小学校の、高瀬敏樹教頭(53)です。

高瀬教頭は、ことし10月、道路交通法違反の疑いで逮捕されその後、書類送検されていて、県教育委員会の調査で30年以上にわたって無免許で運転し、学校の児童を複数回、車に乗せていたことも分かっています。

県の規定では、人身事故や飲酒運転以外の悪質な交通違反の場合、最も重い懲戒処分は「停職」とされていますが、事案の悪質性を考慮して処分したということです。

また、この問題を受けて行われた県の調査で20年近く無免許で運転していたことが発覚した三股中学校の石井健次講師(54)について停職3か月17日の懲戒処分にしました。
石井講師は、13日付けで辞職したということです。

このほか、免許証が失効したまま、運転をしていた県央地区の中学校の女性講師については訓告にしました。

県教育委員会では、学校が年1回行っていた教職員の免許の更新期限を確認する手続きが適切に行われていなかったとして今後、免許証を直接確認するなど根本的な見直しを行うことにしています。

県教職員課の黒木貴課長は13日会見を開き「県民の教育への信頼を損ない、心からおわび申し上げます」と謝罪しました。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク