FC2ブログ

男子生徒に暴行や暴言

熊本日日新聞
2019年10月23日(水)08時00分

男性講師が生徒に暴力、暴言 熊本県立の特別支援学校

 熊本県立の特別支援学校で、担任の男性講師が、男子生徒を殴ったり、暴言を言ったりする行為を繰り返していたことが22日、分かった。同校は「不適切な指導」として、生徒と保護者に謝罪。23日に保護者説明会を開く。

 男子生徒の母親によると、男性講師は6~10月に教室内で、生徒の下腹部をつかんだり、腹をたたいたりしたほか、「くさい」などの暴言を浴びせていたという。

 10月上旬、別の担任から「生徒が言うことを聞かなかったため、講師が下腹部をつかみ、泣かせてしまった」と、母親に電話で連絡があり発覚。同校が聞き取りなどで調査した結果、「不適切な指導や関わり」を複数回確認したという。

 講師は生徒側に謝罪し、通勤を控えているという。同校教頭は「許されない行為。県教委との相談の上、保護者や子どもに寄り添いながら対応する」としている。

 母親は「教師として考えられない行為で、なぜ起きたのかしっかり調べてほしい。今後、こういうことを起こしてほしくない」と話している。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク