FC2ブログ

同僚教諭に暴行や暴言

神戸新聞
2019年10月4日(金) 07時00分

羽交い締め、目に激辛カレー わいせつLINEを強要 小学校の教員4人が同僚いじめ

 神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが3日、関係者への取材で分かった。加害側の教員たちは男性教員を羽交い締めにして激辛カレーを目にこすりつけるなどしたほか、男性教員の車を傷つけ、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者にわいせつな文言を無理やり送らせるなどしていたという。

 男性教員は精神的に不安定になり、今年9月から休暇による療養を余儀なくされている。担任していたクラスには急きょ臨時講師が配置されている。

 関係者によると、加害側の教員は30~40代の男性3人、女性1人。LINEで別の女性教員らに性的なメッセージを送るよう強要。男性教員の車の上に乗ったり、その車内に飲み物をわざとこぼしたりした。

 また、コピー用紙の芯で尻をたたいて腫れさせ、「ボケ」「カス」といった暴言を頻繁に浴びせていた。男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えているという。

 一連の行為について、同校の管理職は今年6月ごろ、別の複数の教員からの相談をきっかけに把握し、加害側の教員を指導。市教育委員会には、7月に「人間関係のトラブル」などと報告したとされる。

 9月になって市教委は、男性教員の家族から男性教員の状態について連絡を受け、事実関係の調査を始めた。被害の内容や時期、回数など詳細を確認した上で処分を検討するもよう。

 加害側の4人は10月に入って休んでおり、市教委は速やかに人事異動などで人員を補充する方針という。

 男性教員側は、処分内容や職場の改善状況を踏まえ、刑事告訴について検討するという。

 いじめの問題を巡っては、同市垂水区で市立中学3年の女子生徒がいじめを苦に自殺し、いじめについて証言した同級生らのメモが隠蔽(いんぺい)された問題を受け、市教委は9月30日に「組織風土改革のための有識者会議」から最終報告書の提出を受けたばかり。報告書は、いじめ防止対策推進法の趣旨を学び続ける▽いじめが絶対に許されない行為であると児童生徒に指導する-などと提言している。



神戸新聞
2019年10月4日(金) 15時58分

教員間暴力で市教委が謝罪 あだ名はポンコツの「ポンちゃん」 20代教員にセクハラも

 神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていた問題を受け、同市教育委員会は4日午後、市役所で記者会見を開いた。

 市教委は、加害側の教員による体をたたく、足を踏むなどの暴力行為▽性的な内容を含む人格を侵害する言動▽送迎や飲食などの強要、男性教員の所有物の器物損壊といった嫌がらせ行為-を認めた上で、「児童、保護者をはじめ、市民の信頼を著しく失墜する行為で、心からおわび申し上げる」と謝罪した。

 加害側の教員は学級担任など同校の業務から外し、7日付の人事異動で市教委から2人、他校から1人の教員を東須磨小に配置。学校支援のため、市教委資質向上担当課長を同校担当課長兼務とする。

 市教委は「現在も事実関係を調査中で、関係者の処分については今後、事実関係に基づき厳正に対応する」としている。

 また、男性教員以外に3人の20代教員もいじめ行為を受けていたことを明らかにした。

 うち女性2人、男性1人で、女性へのセクハラ行為があったほか、男性に対しては、ポンコツの意味で「ポンちゃん」というあだ名を付けて呼んでいたという。

 問題が明らかになったことを受け、同校は4日、通常と変わらない様子だったが、周辺では報道機関の取材が相次いだ。


2019-10-4 神戸新聞NEXT


神戸新聞
2019年10月7日(月)21時17分

20代教員に激辛カレー強要 第三者が動画撮影か

 神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代教員4人が、同僚で30~40代の先輩教員4人に昨年から継続的に暴行や暴言を受けていた問題で、現在療養中の男性教員が昨年9月に激辛カレーを無理やり食べさせられたのが、放課後の学校内だったことが7日、神戸新聞社が関係者から入手した動画などで分かった。必死に抵抗する男性教員に対し、加害側の教員らは笑いながら行為に及んでいた。

 動画は約50秒で、音声入り。関係者によると、加害側の4人や被害を受けた男性教員以外の第三者が撮影したとみられる。

 動画には、加害側の男性教員が背後から羽交い締めにし、女性教員がスプーンですくった激辛カレーを、嫌がる男性教員の口に運ぶ様子が生々しく記録されている。羽交い締めにされた男性教員が「ごめんなさい。辛いのは好きじゃないんです」と訴えるのに対し、加害側の男性教員は手をたたいて笑いながら「勝ったー。もらったー。もらいましたー」と叫び、女性教員に「早よ、早よ」と激辛カレーを口に運ぶよう促している。

 その後、被害側の男性教員はあまりの辛さに目を見開き、悲鳴のような声を上げながら室内を走り回っている。同市教育委員会が4日に発表した内容では、一連の暴行や暴言に関わった加害側の教員は30代の男性3人と40代の女性1人としていたが、動画には、男性2人と女性2人が男性教員の様子を見ながら笑う様子が写っている。

 市教委は「激辛カレーを無理やり食べさせられた」との訴えを把握。男性教員は、精神的に不安定な状態となり、9月から休んで療養している。

 また市教委の発表によると、加害側教員4人は、この男性教員を含む後輩の20代教員4人に対し、それぞれ無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者に性的なメッセージを送るよう強要したり、後輩教員の車の上に乗ったり、セクハラ行為をしたりするなどを繰り返していた。市教委はこれらの行為の詳細を調査するとともに、処分を検討している。男性教員側は刑事告訴を検討しているという。

2019-10-7、神戸新聞NEXT


関西テレビ
2019年10月08日(火)19時45分

「教師のけが、校長が認識するも報告せず」神戸・東須磨小学校教師いじめ問題

神戸市の小学校で、教師による教師への悪質ないじめ行為が繰り返されていた問題。今年6月には、校長が被害を受けた男性教師のけがの状態を見ていたにも関わらず、市の教育委員会に報告していなかったことが分かりました。

【激辛カレーを無理やり食べさせられる動画】
被害教師「辛いのなんて好きじゃないです」
加害教師「はよはよ」

神戸市の東須磨小学校では、20代の男性教師が羽交い締めにされて激辛カレーを無理やり食べさせられるなど、男女4人の同僚の教師から悪質ないじめ行為が繰り返されていたことが明らかになっています。

こうしたいじめ行為は、別の同僚の教師が問題視して今年6月に教頭に報告したことから発覚し、校長はその直後に被害を受けた男性教師から直接、聞き取りをしていました。

しかし、市の教育委員会によると、被害者の教師は尻を叩かれた際にできた「ミミズ腫れ」を校長に見せて被害を訴えたにも関わらず、校長は教育委員会に対して「指導して収まった」と報告。さらに校長は、聞き取りの内容を記録として残さなかった上に、市の教育委員会からの「職員を派遣して調査する」という提案も断っていました。

男性教師は精神的に不安定になり、先月から学校を休んでいます。学校ぐるみで「いじめ行為を隠蔽した」ともとれる行動。先週に開かれた保護者説明会で校長は…

【保護者説明会の音声】
(校長)「(4人の先生は)指導力と共に『力も持ち合わせ』、私もこの先生方に教えてもらうことが多かったです」

説明会では、教師の間での上下関係や、勤務の年数が長い教師には校長でさえ力が及ばない実態などを窺わせる発言がありました。

関西テレビの取材に市の教育委員会は…

【神戸市教委・藤井秀典教職員人事担当課長】
「学校のマネジメントとして監督者(校長)に求められるものというのは当然…ガバナンス(校長の管理)が効かないということは、あってはならないと思います」

神戸市の教育委員会は今後、できるだけ早く外部の専門家などよる調査を行い、校長をはじめとした学校側の対応など、事実の解明を進めていく方針です。

2019-10-08 、関西テレビ


神戸新聞
2019年10月9日(水)18時15分

東須磨小・教員間暴力 会見速報 加害者「自分がおもしろければよかった」

 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、同市教育委員会は9日午後5時、市役所で会見を始めた。

 市教委幹部2人と同小校長の計3人が出席し、冒頭で「このたびのハラスメント事案で児童、保護者をはじめ、関係者に多大なる心配をおかけし、心よりおわび申し上げます」とあらためて陳謝した。

 同小の校長は具体的なハラスメントの内容について、体をたたく、足を踏むなどの暴力▽性的な内容を含む人格を否定するような言動▽所有物の器物損壊などの嫌がらせ-などを挙げ、「学校内やプライベートの場で長期にわたっていた」と説明した。

 その上で「教員として、人として許されるべきではなく、東須磨小の子どもの前では今後、指導させない」と話した。

 校長は、ハラスメント事案を知った時期について「(今年)7月初旬」とし、それから聞き取り調査を始めたと話した。

 校長は「加害教諭と被害教諭は2018年度までは良好な関係にあったが、加害教諭が被害教諭のプライベートなことを他の教員に話したことがきっかけに疎遠になった」と説明した。

 校長は、6月20日に市教委の訪問を受けた際、校内の人間関係について「心配がある」と伝えたところ、市教委側から「力になる」と言われたことを説明。市教委はこれまで、校長から「指導で解決した」との報告があったと説明していたが、校長は「指導したことは報告したが『解決した』とは言っていない」と否定した。

 一方で、「私のハラスメント行為に対する認識が甘かった」とも認め、「被害教員に申し訳ない」「被害教諭が私たちに訴えたのは、こういう行為をなくして職員室が過ごしやすい場所になってほしいという思いがあったと思う」と述べた。

 校長は2018年度に東須磨小に教頭として赴任しており、この当初から教員間の人間関係について違和感があったと説明。例として、職員を呼び捨てにすることがあったことを挙げ「中には職員の言葉で傷つく職員もいたし、心を痛める職員もいた。その職員の話を聞きながらともに職員室で過ごしていて、職員間の関係が気になっていたので、(ハラスメント行為に気付くことが)全くなかったことはないと思う」と話した。

 また、前任の校長の態度を問われ「校長ですので厳しい指導もあった。その厳しさが適切かどうかといえば、適切でない部分もあったかもしれない。すべて適切かというと自信を持って言えない」と話した。

 報道陣から隠ぺいする意図の有無を問われ「6月20日の市教委の訪問時は気になっているという話もしたし、教員の名前も挙げて伝えていた。これから指導するということも伝えていたので、隠すつもりは一切なかった」とした。一方で「中身をしっかり伝えなかったことが、被害教員が学校に来られなくなったことが原因になったと思っている」と自身の責任も認めた。

 校長によると、加害教員の一人は動機について「自分がおもしろければよかった。被害者がそんなに嫌がっているようには思えなかった。悪ふざけがすぎていた」と説明したという。

神戸新聞NEXT


神戸新聞
2019年10月11日(金)22時55分

教委説明より1年前から教員間暴力 男性教員が被害届、刑事事件に

 神戸市立東須磨小学校の教員間暴行・暴言問題で、被害を受けて療養中の男性教員(25)が新規採用で同校に赴任した2017年度、加害教員から宴席でソフトドリンクに酒を混ぜられるなどの嫌がらせを受けていたことが11日、関係者への取材で分かった。市教育委員会は当初、加害行為が18年度から続いていたと説明していた。被害側の男性教員は加害側の教員4人から約50項目に及ぶ被害を受けたと訴えており、同日、須磨署に被害届を提出し受理された。

 関係者によると、男性教員は17年度、一部の加害教員から十分な指導もないまま行事の準備などを任され、慣れない仕事に苦しんでいる様子だったという。さらに、同年秋に開かれた運動会の打ち上げで、酒の苦手な男性教員がソフトドリンクを注文した際、席を外している間に酒を混ぜられ、知らずに飲んだこともあった。

 同校の仁王(におう)美貴校長は9日の記者会見で、男性教員から被害を訴える手紙を預かっていることを明かした。加害行為の時期については「手紙を全て読んでいるが、私が(18年度に)赴任する前、17年度以降の出来事と認識している」と話した。

 市教委は既に、加害教員が激辛カレーを食べさせたり、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で第三者にわいせつな文言を送るよう強要したりした-などの加害行為を公表。男性教員が「ドレッシングや焼き肉のたれ、キムチ鍋の原液を大量に飲まされた」「髪の毛や衣服を接着剤まみれにされた」などの被害を訴えていることも把握しているという。

 男性教員から被害届を受けた須磨署は今後、暴行などの容疑で捜査するとみられ、教員間の暴行・暴言問題は刑事事件に発展する見通しとなった。

2019-10-11、神戸新聞①

2019-10-11、神戸新聞②
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

MarkTwelve

Author:MarkTwelve
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
検索フォーム
リンク
   
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR