FC2ブログ

県立高校の男性教諭が酒気帯び運転で事故

山梨放送
2019年08月30日(金)19時03分

県立高校の男性教諭が酒気帯び運転で事故

 酒気帯び運転で物損事故を起こしたとして、県立高校の男性教諭が警察に摘発されていたことがわかった。
 酒気帯び運転の疑いで摘発されたのは、県立高校に勤務する40代の男性教諭。
 県教育委員会によると、男性教諭は今月24日午後10時半ごろから翌25日午前2時半ごろまで、1人で甲府市内の飲食店を訪れ瓶ビールを1本、ウイスキーを4杯飲んだ。
 その後、約2時間半仮眠したが用事のために自分の車を運転して甲斐市内の県道で街路樹にぶつかる事故を起こした。
 事故現場近くを歩いていたところをパトロール中の韮崎署員に見つかり呼気から基準値を上回るアルコールが検出されたという。
 男性教諭は、自宅謹慎中で学校の聞き取りに対し反省の態度を示しているという。
 県教委は今後、教諭から聞き取り調査を行い処分を検討する。
 県内では、県立中央病院の医師が酒気帯び運転で摘発されるなど県関係職員の不祥事が相次いでいる。



テレビ山梨
2019年09月18日(水)19時55分

県立高校教諭 酒気帯び運転で懲戒免職

山梨県教育委員会は酒気帯び運転の疑いで警察に摘発された韮崎高校定時制の47歳の教諭を懲戒免職処分としました。
懲戒免職処分となったのは山梨県立韮崎高校定時制の中島生人教諭47歳です。
県教育委員会によりますと中島教諭は8月25日の午前5時半頃、甲斐市の県道で自家用車で街路樹にぶつかる事故を起こし、警察の調べで基準値を上回るアルコールが検出され酒気帯び運転の疑いで摘発されました。
中島教諭は前日の午後10時半からビール大瓶1本とウイスキー4杯を飲み休憩した後で運転したと、県教育委員会に事実関係を認めているということです。
現職の教諭の不祥事をめぐっては今月、南アルプス市内の小学校教諭が値段を張り替えて買い物をしたとして詐欺の疑いで逮捕されています。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク