FC2ブログ

教職員のわいせつ行為は「原則免職」 札幌市教委

北海道新聞
2019年04月24日(水)01時24分

わいせつ教職員 原則免職 札幌市教委、懲戒指針を厳格化

 札幌市教委は23日の教育委員会会議で、教職員のわいせつ行為の懲戒処分について、停職や減給とせず、全てを「原則免職」とすることを決めた。わいせつ行為による懲戒処分が減らないため、懲戒処分に関する指針を厳しくした。5月1日から運用する。

 市教委によると、全国の政令指定都市で最も厳しい水準という。

 新しい指針では、これまで程度によって「免職または停職」だった痴漢行為、盗撮、のぞき、「免職、停職または減給」だったストーカー行為をいずれも「原則免職」とした。

 原則免職となるわいせつ行為については強制わいせつや児童買春、児童ポルノ所持・提供など19項目に分けて具体的に明記した。

 市教委によると、18年度のわいせつ行為による懲戒処分は3件。17年度は0件、16年度は3件、15年度は2件。市教委は「わいせつ行為は、教育に関わる公務員として著しく不適格な行為。厳正に処分する方針を示し、抑止力としての機能を強化したい」としている。

 わいせつ行為の処分について「免職または停職」としている北海道教委は「『原則免職』とすると、軽微なものでも免職以外にしにくくなるため、運用に難しさがある」としている。

2019-04-24、北海道新聞
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク