FC2ブログ

酒気帯び運転

秋田テレビ
2019年04月10日(水)19時00分

教諭が酒気帯び運転の疑いで摘発 秋田県北秋田市

秋田県北秋田市の小学校に勤務する男性教諭が、酒気を帯びた状態で車を運転したとして警察に摘発された。
北秋田市教育委員会は10日、会見を開いて陳謝した。
 
摘発されたのは、北秋田市の小学校に勤務する50代の男性教諭。
男性教諭は、3月26日午前8時ごろ、車で通勤途中に北秋田市脇神の県道で警察官に停車を求められ、呼気から基準値を超えるアルコールが検出された。
 
北秋田市教育委員会は会見を開き、佐藤昭洋教育長が謝罪した。

教育委員会によると、男性教諭は前の日に自宅でウィスキーなどを飲んでいたが、飲酒した量などは明らかにしていない。

男性教諭は摘発された当日に校長に報告し「たいへん申し訳ないことをしてしまった」と話したという。

秋田県警北秋田警察署は10日、この男性教諭を酒気帯び運転の疑いで秋田地検大館支部に書類送検した。県教育委員会では、近く男性教諭の処分を検討することにしている。



秋田テレビ
2019年06月05日(水)19時00分

前日に飲酒で酒気帯び摘発 秋田・北秋田市の小学校教諭 停職1年

 秋田県教育委員会は、5日自宅でウイスキー飲んで酒気を帯びた状態で車を運転した北秋田市の小学校教諭を停職1年の懲戒処分とした。

 停職1年の懲戒処分を受けたのは、秋田県北秋田市の小学校に勤務する54歳の男性教諭。男性教諭は、2019年3月26日の朝、北秋田市脇神の県道で、車を運転中 警察官に停車を求められ、呼気検査を受けたところ基準値を超えるアルコールが検出された。男性教諭は、前日の午後7時まで自宅でウイスキーを飲んでいた。

 県教育委員会では教職員が酒気帯び運転で摘発された場合、原則 懲戒免職としているが、今回は飲酒後に十分な睡眠をとっていたことや事故を起こしていないことなどを考慮し、停職処分とした。

 なお、男性教諭は北秋田警察署から酒気帯び運転の疑いで書類送検され、5月8日大館簡易裁判所から罰金30万円の略式命令を受け 納付している。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク