FC2ブログ

女児のスカート内盗撮で懲戒免職

佐賀新聞LIVE
2019年3月28日(木)9時47分

佐賀市内の50代教諭、教室で女児のスカート内を盗撮

 佐賀県教育委員会は27日、校舎内で複数の女子児童のスカート内を盗撮していたとして、佐賀市立小学校の50代男性教諭を懲戒免職処分にした。名前や学校名などは、被害女児の特定につながる可能性があるとして明らかにしていない。県警は県迷惑防止条例違反での立件を視野に入れ、捜査している。

 県教委によると、教諭は昨年5月ごろから今年3月にかけて複数回、私物のデジタルカメラを使い、複数の女子児童のスカートの中を意図的に撮影していた。教室で授業中に活動をする際、後ろから近づきローアングルで撮影するなどしていた。教諭はクラスの担任をしており、日ごろから学級通信で使う写真を撮っていたという。

 児童から相談を受けた保護者が警察に通報して発覚した。県教委の聴取に対し教諭は、画像データについて、自宅のハードディスクなどに保存しており、外部に流出はしていないと説明している。動機は明確に説明していない。退職手当は支給されない。

 佐賀市教委は27日付で校長を文書訓告とし、県教委は各市町教委の教育長と県立学校長に綱紀粛正の徹底を図るよう通知した。白水敏光県教育長は「教師という立場にある者がこのような行為に及ぶことは、絶対にあってはならない。県民の皆さまに心よりおわび申し上げます」というコメントを出した。



佐賀テレビ
2019年08月21日(水) 18時00分

児童のスカートの中を盗撮した教師 罰金100万円の略式命令【佐賀県】

佐賀市の小学校で授業中に女子児童のスカートの中を撮影したとして懲戒免職となっていた50代の元教師の男が、罰金100万円の略式命令を受けていたことがわかりました。

県迷惑行為防止条例違反の罪で略式命令を受けたのは元教師の50代の男です。
佐賀地方検察庁によりますと、元教師の男は今年3月佐賀市内の小学校でデジタルカメラで女子児童のスカートの中を撮影するなどしたとして、佐賀区検察庁が略式起訴し、今月9日、佐賀簡易裁判所から罰金100万円の略式命令を受けたということです。

元教師の男は常習的に盗撮を繰り返していたとみられ、県教育委員会の調べに対し「たくさん撮ったので写真の枚数は分からない。正しい判断ができなかった」などと話していました。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク