FC2ブログ

“生徒に指示し別の生徒に体罰” 高校教諭を処分 都教委

NHK NEWS WEB
2019年3月26日(火)19時17分

“生徒に指示し別の生徒に体罰” 高校教諭を処分 都教委

東京都教育委員会は、多摩地域の都立高校の教諭が、部活動の指導中に生徒に指示を出して別の生徒の顔をたたかせるなどの体罰を行ったとして、停職3か月の懲戒処分にしました。

東京都教育委員会によりますと、多摩地域の都立高校に勤務する58歳の男性教諭は、去年9月、顧問を務める男子バレーボール部の指導の際、生徒に対して「自分の代わりにたたいてくれ」と指示を出し、別の生徒の顔をたたかせたということです。

また、教諭みずからも、複数の生徒に対してボールやノートを投げて顔に当てたほか、「試合の敗因はおまえだ。みんなに謝れ」などと言ってほかの生徒の前で土下座をさせたということです。

この教諭は事実関係を認めたうえで、「勝たせたいという気持ちが働いてしまった。反省している」と話しているということです。

都の教育委員会は、こうした一連の行為が体罰にあたるとして、この教諭を26日付けで停職3か月の懲戒処分にしました。

このほか、区立小学校の30歳の男性教諭を勤務先の学校の保護者と不適切な男女関係を持ったとして、区立中学校の49歳の男性教諭を通勤手当49万円余りを不正に受け取ったとして、区立中学校の50歳の男性教諭を、電車の中で小型カメラを使って女性の下着を撮影したとして、それぞれ、26日付けで懲戒免職にしました。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク