FC2ブログ

暴行罪で罰金30万円

中日新聞
2019年3月14日(木)19時57分

生徒に暴行で罰金30万円の即日判決 天白養護学校の教諭

 名古屋市立天白養護学校(天白区)で生徒に暴力を振るったとして、暴行罪に問われた同校教諭の稲垣達雄被告(60)=愛知県春日井市、停職=の初公判が14日あり、名古屋地裁は求刑通り罰金30万円の即日判決を言い渡した。

 稲垣被告は起訴内容を認め、「(校庭での運動時間中)生徒に注意したが、聞いていないと思った。理由はどうあれ、いきすぎた行為だった」と語った。

 近藤和久裁判官は判決理由で「一方的に暴力を振るった、被害者を辱める悪質な態様。真摯な教育に尽力する他の者への悪影響も懸念される」と述べた。

 判決によると、2017年11月16日昼、同校の校庭で、男子生徒(19)の尻を2回蹴り、右足首を踏み付けたり、右耳をつかんで引っ張ったりした上、右太ももを1回蹴った。

 事件を巡っては昨年12月、名古屋区検が暴行罪で略式起訴したが、今年1月に名古屋簡裁が「不相当」と判断し、公開の法廷で審理された。

 判決後、男子生徒の両親が名古屋市内で会見。母親(47)は「注意を聞かないのなら暴力を振るうのではなく、行動に移せるようにするのが本当の教えだと思う」と話した。



中京テレビニュース
2020年09月26日(土)7時18分

天白養護学校の暴行問題 元教諭と名古屋市に550万円賠償求め提訴

 養護学校で暴行を受けた元生徒の男性(21)が25日、元教諭と名古屋市に対し、550万円の賠償を求める訴えを起こしました。

 訴えを起こしたのは、名古屋市立天白養護学校に通っていた男性です。

 訴状によりますと、3年前、男性は元教諭に暴行を受けたほか、日常的に虐待があったなどと主張。学校側が問題を放置していたとして、名古屋市と元教諭に550万円の損害賠償を求めています。

 被害にあった男性の母親は「なぜそんな教師を野放しにしていたのか。誰が責任とってくれるの」と憤りをあらわにしました。

 元教諭は去年、暴行罪で罰金30万円の有罪判決を受けました。

2020年9月26日(土)中京テレビ
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク