FC2ブログ

教職員のわいせつ防止へ自己分析チェックシート 

西日本新聞 
2019年02月01日(金)06時00分

教職員のわいせつ防止へ自己分析チェックシート 県教委が新年度から導入 [長崎県]

 県教育委員会は31日、教職員によるわいせつ行為がなくならない現状を受け、自らの性的嗜好(しこう)を客観的に確認できる「自己分析チェックシート」を新年度から導入すると発表した。非正規職員を含む全教職員の約1万4千人を対象とし、わいせつ行為の発生を防ぐ。

 シートは「小児性愛の傾向があるかどうか」「セクハラ・パワハラを起こしやすいか」-を計る2種類。性別によって、シートの内容が異なる。

 「生徒に関する性的な想像や考え方を持っていても、生徒を傷つけていないからそんなに悪いことではない」などの設問があり、回答は「そう思う」「思わない」などから選択する。

 回答者自身が採点するため第三者には分からず、県教委も把握できないようになっている。結果にかかわらず、性障害専門医療センター(東京)に相談できるという。

 新年度の4月から取り組めるよう、近く市町教育委員会を通じて各学校にシートを送付。シートを作成した、精神科医で同センターの福井裕輝代表理事は「各教職員が自らの傾向に気づくことで、わいせつ事案ゼロにつなげていきたい」と語った。県教委によると、昨年度と本年度中に教職員によるわいせつ行為やセクハラが計6件発生している。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク