FC2ブログ

大分大教授がパワハラか 戒告

NHK NEWS WEB
2018年11月20日(火)17時02分

大分大教授がパワハラか 戒告

大分大学は、医学部看護学科の女性教授が、女性の助教や助手に対し深夜に突然翌朝にリポートを提出するよう命じるなど、いわゆる「パワーハラスメント」を行っていたとして、戒告の懲戒処分を行ったと発表しました。

懲戒処分を受けたのは、大分大学医学部看護学科の50代の女性教授です。

大学によりますと、この教授は、おととしから去年にかけて同じ学科の女性の助教や助手合わせて3人に対し、深夜10時ごろに突然翌朝のリポート提出を命じた上、提出されたものを理由なく受け取らなかったり、食事会の席で相手の髪型をからかったりしたということです。

大学では、これらの行為がいわゆる「パワーハラスメント」などに当たり、職員に公正な職務の遂行を求める就業規則に違反したとして、19日付けで戒告の懲戒処分を行いました。

女性教授は、事実関係をおおむね認め「反省している。今後は教育にまい進したい」と話しているということです。

この教授をめぐっては、学生11人からも威圧的な指導を受けたなどとする苦情が大学の窓口に申し立てられ、ことし3月大学側が教授に文書で注意していました。

北野正剛学長は「教育者としてあるまじき行為だ。今後は今まで以上にハラスメント防止の啓発を図りたい」とするコメントを出しました。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク