FC2ブログ

スペイン日本人学校長がセクハラで停職に 福島から派遣

NHK NEWS WEB
2018年8月24日(金)23時42分

スペイン日本人学校長がセクハラで停職に 福島から派遣

文部科学省から委嘱され、スペインの日本人学校に校長として派遣されていた福島県内の中学校の男性校長が、現地の学校関係者の女性にセクハラ行為を繰り返したとして、停職12か月の懲戒処分を受けました。校長は24日付けで依願退職しました。

福島県教育庁によりますと、スペインのバルセロナ日本人学校に校長として派遣されていた県内の公立中学校の渡部恵志校長(54)は先月上旬、知り合いなどとの食事のあと、現地の学校関係者の女性と2人になった際、女性の下腹部を触ったり、性的な発言をしたりするなどのセクハラ行為を繰り返したということです。

校長は文部科学省の委嘱を受けて派遣されていたため、女性からセクハラの相談があったという連絡が、文部科学省を通じて教育庁に入ったということです。

今月7日に解任されて帰国し、その後の聞き取りに対して「ビールをグラスで2杯ほど飲んでいたが記憶はあった。女性を深く傷つけて申し訳ない」と話したということです。

校長は停職12か月の懲戒処分を受け、24日付けで依願退職しました。

福島県教育庁の担当者は、記者会見で「国に推薦した教員がこのような不祥事を起こし、県民の信頼を裏切って大変申し訳ありません」と謝罪しました。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク