FC2ブログ

教諭の体罰で3人不登校 神戸の中学柔道部員ら平手打ち

神戸新聞
2018年7月4日(水)06時00分

教諭の体罰で3人不登校 神戸の中学柔道部員ら平手打ち

 神戸市西区の市立中学校に勤める30代男性教諭が、昨年4月以降、顧問を務める柔道部や担任をするクラスの複数の男子生徒に対し、頭をたたくなどの体罰を十数回加えていたことが3日、市教育委員会などへの取材で分かった。保護者によると、同部に所属していた3人が不登校になっているという。市教委は、体罰を含む不適切な指導があったことを認めており、教諭の処分を検討している。

 市教委によると、教諭は昨年4~9月、部活動で指導中、部員数人に対し、平手で顔や頭をたたく体罰を計7回加えた。また、担任をするクラスでも同5月~12月、生徒数人の頭を7回程度たたき、今年4月にも生徒の尻を蹴ったことがあったという。

 被害を受けた生徒の保護者によると、部活動で技をかけるのに失敗したり、練習に遅れたりした生徒の頭やほおをたたいたという。

 柔道部に所属し、不登校になった生徒の保護者が市教委に連絡して発覚。この保護者は「先生を信頼して子どもを預けていたのに、こんな事態になるなんて」と声を落とした。生徒は精神的に追い詰められている様子で「先生が怖くて学校に行けない」と話しているという。他にも、教諭から厳しい口調で問い詰められ、萎縮して何も答えられないと「記憶障害ではないか」ととがめられ、学校に通えなくなった生徒もいるという。

 6月末に同校で開かれた保護者会では、校長は「教諭の行動に気づかず、指導が不十分だった」と陳謝。教諭は「体罰をし、自分の考えを一方的に押しつけてしまった」と保護者に謝罪したという。

 不登校生徒の中には「もう一度学校に行きたい」と話す生徒もいるといい、学校は教諭を担任や顧問から外し、被害生徒の心のケアなどについて保護者と話し合っているという。市教委は「部活動で過度な指導をしないよう徹底してきたが、このような事態が起こり、申し訳ない。被害生徒のケアを第一に考える」としている。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク