FC2ブログ

脱法ドラッグを使用して救急搬送された教諭、停職6か月

2012年9月7日20時36分 読売新聞 YOMIURI ONLINE

自宅で脱法ドラッグ使った小学教諭、停職6か月

 神戸市立小学校の男性教諭(30)が7月、自宅で脱法ドラッグを使った後、体調不良に陥って救急搬送された問題で、市教委は7日、教諭を停職6か月の懲戒処分とした。

 教諭は4~7月、市内の自宅で脱法ドラッグを計7回使用したといい、「仕事に行き詰まり、気分を和らげるために使っていた」と話しているという。

 発表では、教諭は7月31日夜、市内の自宅で液体状の脱法ドラッグを使った際、翌朝に体調が悪くなって自ら119番し、近くの病院に救急搬送された。脱法ドラッグは、同市中央区の雑貨店で購入したという。



〓 関連記事 〓
脱法ドラッグを使用した小学校教諭にたいし、懲戒処分を検討 - 神戸市教委
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク