FC2ブログ

生徒にわいせつ行為、臨時講師懲戒免職 静岡県教委

静岡新聞
2018年3月17日(土)07時56分

生徒にわいせつ行為、臨時講師懲戒免職 静岡県教委

 静岡県教委は16日、女子生徒にわいせつな行為をした県立高の20代男性臨時講師を懲戒免職処分に、人身事故を起こした県立高の教職員2人を戒告の懲戒処分にしたと発表した。いずれも同日付。

 県教委によると、男性講師は2017年11月ごろから18年2月ごろまでの間、勤務する県中部の県立高の女子生徒にわいせつな行為をした。県教委の調査に事実と認め、2月中旬から自宅待機していた。県教委は保護者の意向を受け、男性講師の氏名や勤務校、わいせつ行為の内容などを明らかにしなかった。

 人身事故を起こしたのは、県中部の県立高で事務職を務める男性主査(53)と、県東部の県立高に勤務する男性教諭(58)。

 男性主査は17年11月15日、公務出張で乗用車を運転中、藤枝市の県道交差点で横断歩道を渡っていた自転車の男子高校生2人に衝突、打撲や指骨折など5日~3週間のけがをさせた。男性教諭は17年2月27日、神奈川県湯河原町の自宅近くの国道交差点で乗用車を運転し、横断歩道上の70代男性に衝突、前頭骨折など1カ月のけがを負わせた。ともに罰金50万円の略式命令を受け、納付済み。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク