FC2ブログ

過失傷害の罪で当時の担任ら略式起訴

NHK NEWS WEB
2017年12月19日(火)17時19分

シャッターに挟まれ児童大けが 当時の担任ら略式起訴 横浜

おととし、横浜市の小学校で、避難訓練のあと教室に戻ろうとした女子児童が、煙を防ぐためのシャッターに挟まれて大けがをした事故で、検察は安全を十分に確認しないまま誤ってシャッターを操作したなどとして、当時の担任教諭ら2人を業務上過失傷害の罪で略式起訴しました。

おととし12月、横浜市磯子区の山王台小学校で、避難訓練を終えて教室に戻ろうとしていた当時、小学6年生の女子児童が、1階の廊下にある煙を防ぐためのシャッターに挟まれ、ろっ骨を折るなどの大けがをしました。

警察は、40歳の当時の担任教諭が、安全を十分に確認しないまま誤ってシャッターを操作し、ワイヤーが切れてシャッターを落下させたとして、ことし2月、担任教諭と、安全管理の責任者だった60歳の当時の副校長を書類送検していました。その結果、検察は19日、2人を業務上過失傷害の罪で略式起訴しました。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク