FC2ブログ

女子学生へのセクハラやストーカー行為で山口大の教授を停職処分

2012年8月30日20時08分 読売新聞 YOMIURI ONLINE
山口県立大教授、停職6か月…女子学生セクハラ

 山口県立大(山口市)は30日、看護栄養学部の男性教授を、同学部の女子学生へのセクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)やストーカー行為を理由に停職6か月の懲戒処分にした。

 大学によると、教授は昨年6月から12月にかけ、ラブレターを渡したり、ホテルに誘ったりしたほか、県外出張の際に実家の写真を撮り、本人の携帯電話にメールで送信した。この学生やその知人に「単位の認定はどうにでもなる」などと言い、精神的苦痛も与えたという。学生が今年2月、大学に相談し、発覚した。

 教授は大学の調査に対し、ラブレターを渡したり、実家の写真を撮ったりしたことについて「つらい時にそばにいてくれて、恋心のようなものを抱いた。不適切だった」と認めた。単位認定などに関する発言は、「覚えていない」などと釈明したという。

 江里健輔理事長(学長)は「許されない行為」と話し、監督責任を取って自分の給与の10分の1(1か月)を自主返納するとした。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク