FC2ブログ

北九州市大論文盗用で准教授処分

NHKオンライン
2017年09月21日(木)16時49分

北九州市大論文盗用で准教授処分

北九州市立大学は、外国語学部の47歳の准教授が韓国で出版した書籍の中に、ほかの研究者の論文などから盗用した部分があったとして、22日から2か月間の停職処分にすると発表しました。

北九州市立大学によりますと、盗用が明らかになったのは、外国語学部国際関係学科のリ・ドンジュン准教授(47)です。
大学によりますと、リ准教授が韓国で出版した書籍について、ほかの研究者の論文などから盗用した部分が34か所あるという外部からの告発のメールが、去年11月、大学に寄せられたということです。
これを受けて大学では調査委員会を設置して調べたところ、指摘のあった34か所のうち11か所について、ほかの研究者の論文を適切に引用していなかったなどとして、盗用に当たると結論づけました。
このため大学はリ准教授を22日から2か月間の停職処分とするとともに、リ准教授が出版社に書籍の出版停止を求めるよう勧告をしました。
大学の調査に対しリ准教授は「書籍は一般書であり、学術書に求められる厳格な引用は必要ない」と話し、盗用には当たらないと主張しているということです。
北九州市立大学は「研究活動における不正行為は研究者として許されるものではなく、深くおわび申し上げるとともに、さらなる不正防止の取り組みの強化に努めてまいります」とコメントしています。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク