FC2ブログ

中学生のいじめ自殺 教育委員会が隠蔽

毎日新聞
2017年7月30日(日) 07時00分

取手中3いじめ 市教委、自殺隠す 「突然の死」と説明

 茨城県取手市で2015年11月、市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)が自殺した問題で、同市教委が自殺の直後、生徒や保護者らに自殺と伝えない方針を決めていたことが分かった。両親は死亡の5日後にいじめが原因と疑い調査を求めたが、市教委は自殺と伝えないまま生徒へのアンケートなどを実施。「いじめは無かった」と結論づけていた。

 毎日新聞の情報公開請求に市教委が開示した学校の緊急報告書などから判明した。菜保子さんは11月10日に自宅で自殺を図り、翌11日に死亡。学校が同日、市教委に提出した緊急報告書には「自殺を図り救急車で運ばれた」と書かれていた。ところが市教委は同日夜の臨時会合で、生徒らには自殺の事実を伝えない方針を決定。校長も12日の全校集会で「思いがけない突然の死」と説明し、その後の学校の報告書などでも「死亡事故」と表記した。生徒の自殺があった場合に開催する臨時保護者会も開かれず、自殺は対外的に伏せられた。

 両親の要望を受けた学校は15年12月、菜保子さんには触れずに全校アンケートを実施。市教委は3年生にヒアリングをした際、菜保子さんに触れたが、自殺とは明かしていなかった。

 市教委は16年3月、アンケート結果を基に自殺は「いじめによる重大事態に該当しない」と議決。直後に記者会見を開き、自殺があったと明らかにした。市教委は事実関係を認めた上で「遺族の意向と受験を控えた生徒らへの影響を考えた当時の判断は適切だった」と回答した。


2017-07-30毎日新聞添付画像


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎日新聞
2017年9月27日(水)06時30分

茨城・中3いじめ 自殺の事実、学校伏せる 死亡当日

 茨城県取手市で2015年11月、市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)がいじめを苦にする書き込みを日記に残して自殺した問題で、学校側が死亡当日、「受験を控えた同級生たちへの配慮」を理由に自殺の事実を伏せる方針を両親に伝えていたことが分かった。市教委はこれまで「遺族の意向もあった」と説明していたが、両親は毎日新聞の取材に意向を否定しており、自殺当初から事実を隠そうとしていた疑いが強まった。

 「市教委が自殺の事実を隠した」とする毎日新聞の報道を受け、菜保子さんの父考宜(たかのぶ)さん(46)と母淳子さん(47)が当時の資料を調べ、判明した。それによると、菜保子さんが病院で死亡した同年11月11日午後、中学校の男性教頭(当時)が自宅を訪問。「受験を控えた3年生ということを考えると、不慮の事故で亡くなったという形で話をさせてほしい。いろいろな意味での教育的配慮だ」と話し、自殺の事実を他の生徒に伏せる方針を伝えた。

 その後、教頭は「調査は進めたい」とし、アンケートなどを行う方針を伝えた。これに対し、淳子さんが「死に損にならないようお願いしたい。ちゃんと調べてほしい」と泣きながら懇願すると、教頭は「責任を持って調べたい」とだけ答えた。

 毎日新聞の情報公開請求で開示された公文書によると、市教委はこの日の夜に臨時会合を開き、自殺の事実を伏せて「突然の思いがけない死」と生徒たちに伝える方針を決定。学校は12日に全校集会を開き、菜保子さんの自殺を「思いがけない突然の死」と生徒たちに説明した。

 両親は16日に日記を見つけ、いじめを調査するよう求めたが、学校は自殺の事実を伝えないまま、菜保子さんの名前を出さずにアンケート調査を実施。「いじめは確認できない」と結論づけた。

 考宜さんは、学校側がいう意向を示したことはないとし、「最初から菜保子の死と真摯(しんし)に向き合っていなかったことが分かる。子どもを盾に保身を図っていたとしか思えない」と話した。取手市教委と当時の教頭は「回答を控えたい」として、取材に応じなかった。

「全体的な事実把握調査を」大井川知事

 茨城県取手市立中3年の中島菜保子さんが自殺した問題で、先月の県知事選で初当選した大井川和彦知事が26日の就任会見で、「全体的な事実関係を把握する。スピード感を持って調査したい」と述べ、いじめの有無にとどまらず、市教委の対応も調査する方針を示した。

 この問題を巡っては、市教委が2016年3月に「いじめによる重大事態に該当しない」と議決したが、今年5月に文部科学省の指導を受けて撤回。橋本昌前知事は先月、遺族の要望を受け、知事直轄の新たな第三者調査委員会を設置する意向を示していた。大井川知事もこれを引き継ぐ意向で、10月3日に開会する定例県議会に第三者委設置の条例案を提出する方針。

 菜保子さんの父考宜さん(46)は「真摯(しんし)で誠意ある公平な調査をしてほしい」と話した。



NHK NEWS WEB
2019年6月23日(日)7時07分

女子生徒自殺 取手市教委が保護者などに対応を謝罪

4年前、茨城県取手市の女子中学生が自殺した問題で、県の調査委員会が自殺といじめに因果関係があったなどとする報告書をまとめたことを受けて、22日夜、市の教育委員会が保護者説明会を開き、改めて当時の対応を謝罪しました。

平成27年11月、「いじめられたくない」と書き残して自殺した茨城県取手市の中学3年生の女子生徒をめぐっては、市の教育委員会が「いじめはなかった」という前提で第三者委員会を設置するなどの対応が問題となり、県に設けられた調査委員会が、ことし3月、自殺といじめに因果関係があったなどとする報告書を公表しました。

これを受けて22日夜、市の教育委員会が保護者説明会を開き、女子生徒の両親や当時の同級生、そしてその保護者などおよそ60人が出席しました。

はじめに取手市の伊藤哲教育長が、「調査結果を受け入れて二度と同じことが起きないように取り組んでいく」と謝罪しました。

このあと、担当者が報告書の内容について、自殺の引き金になったとされる当時の担任の指導や、第三者委員会を適切に設置しなかったとする市教育委員会の対応など、指摘された点を説明しました。

一方、当時の担任は、報告書の内容を受け入れられないとして欠席したことから、保護者などからは、具体的な説明を求める質問や意見が相次ぎ、説明会は2時間半におよびました。

市の教育委員会は今後、説明会で出た意見などを踏まえて再発防止対策をまとめるということです。



産経新聞
2019年7月25日(木)12時18分

中3いじめ自殺で市教委部長を懲戒 市長も給与減額へ 茨城・取手

 平成27年11月に茨城県取手市立中3年の女子生徒=当時(15)=が自殺した問題で、市は25日、当時の市教育委員会部長(60)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。

 当時の市教委次長(62)は文書訓告、同副参事(60)は口頭注意とした。藤井信吾市長は、給与の10分の1を6カ月間減額する条例案を9月定例市議会に提出する。

 生徒の自殺をめぐり、市教委は当初、「いじめはなかった」と判断していた。遺族の要請を受け、県が設置した調査委員会が今年3月、同級生によるいじめと自殺の因果関係を認めた上で、いじめ防止対策推進法に基づく調査委設置を怠った市教委の対応を違法と指摘する報告書を公表した。

 取手市は処分の理由について、市教委が「いじめによる重大事態に該当しない」と誤った議決をして市民の信頼を損なったことなどを挙げている。藤井市長は記者会見で「市の最高責任者として、社会的に大きな影響を与えたことを重く受け止める」と述べた。

2019-07-25 産経ニュース
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク