FC2ブログ

児童117人分の作品紛失、小学校が事実を隠蔽

2017年4月6日(木)17時18分 TBS NEWS

児童117人分の作品紛失、小学校が事実を隠蔽

 兵庫県姫路市の小学校が日記コンテストに応募する児童117人分の作品を紛失しながら、事実を隠蔽していたことがわかりました。

 姫路市教育委員会によりますと、去年9月、姫路市立青山小学校では、日記コンテストに応募するため4年から6年の児童合わせて263人から作品を集めましたが、このうち117人分の作品を紛失していたということです。日記は校内の印刷室で箱に入れて保管されていましたが、古紙と一緒に廃棄されてしまった可能性が高いということです。

 ところが、学校は紛失した事実を保護者や市教委に知らせず、児童には日記コンテストの主催団体から余分にもらった参加賞を渡して、全員分を出品したように装っていたということです。

 「学習意欲を上げていく、低下を抑えていくというような意味で、学校長は苦渋の決断をされた」(姫路市教育委員会 西田耕太郎教育部長)

 教育委員会は再発防止を徹底するとしています。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク