FC2ブログ

吹奏楽部顧問 女子生徒へのセクハラで登校停止

2016年10月22日(土)00時02分 SANSPO.COM

ブラジャーのホック外して楽器吹くよう指示…吹奏楽部顧問を登校停止に

 福岡大は21日、付属若葉高(福岡市中央区)で吹奏楽部の顧問をしていた40代の男性教諭が部員の女子生徒にセクハラ行為をした疑いがあるとして、登校停止にしたことを明らかにした。処分は4日付。

 大学によると、高校の別の教諭らが2014年末、男性教諭の行為について大学に報告。複数の部員から相談が寄せられており、中にはブラジャーのホックを外して楽器を吹くよう指示されたと訴える部員もいた。

 大学は教諭から事情を聴き、教諭は昨年3月に顧問を辞任。高校から調査報告書が提出されたが、大学は同年5月「『ハラスメントの疑い』の域を出ない」として、教諭には口頭注意で済ませた。

 しかし、今年8月になって卒業生から「名前を出して証言しても構わない」と訴えがあり、大学は調査を再開した。校内で不適切な行為をした疑いがあると判断、登校停止とした。


 大学は懲戒処分の検討を進めており「適切に厳正に対処する」とのコメントを出した。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年12月10日(土)12時49分 YOMIURI ONLINE

福岡大、セクハラ行為の付属高教諭を諭旨解雇

 部活動で指導していた生徒に対し、長期間にわたってセクハラ行為をしていたとして、福岡大は10日、付属の若葉高校芸術科の男性教諭(44)を8日付で諭旨解雇としたと発表した。

 同大によると、吹奏楽部の顧問だった男性教諭は、複数の部員にブラジャーのホックを外して楽器を吹くように言ったり、「好き」などのメールを送ったりする行為を続けていたという。

 学校側が2014年に被害の訴えを受けて聞き取りを開始。教諭は顧問を辞めたが、同大は「セクハラは疑いの域を出ない」として厳重注意としていた。しかし、今年8月にも卒業した部員から調査の徹底を求められ、同大は教諭を10月に出校停止とし、調査を再開していた。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク