FC2ブログ

脱法ドラッグを使用した小学校教諭にたいし、懲戒処分を検討 - 神戸市教委

2012年08月10日12時07分 ytv読売テレビ

神戸の公立小教諭が脱法ドラッグで救急搬送

神戸市の公立小学校の男性教諭が脱法ドラッグを使用し病院に救急搬送されていたことが分かった。神戸市の教育委員会によると兵庫区の公立小学校に勤務する30歳代の男性教諭は先月31日、麻薬などに似た幻覚作用を引き起こす液体状の脱法ドラッグを雑貨店で購入。自宅で摂取した翌日、嘔吐するなど体調が悪くなり、自ら救急車を呼んだという。病院から通報を受けた警察が尿検査を行ったところ違法成分は検出されなかったが、教諭は4月以降に少なくとも7回脱法ドラッグを使用した事を認め「仕事で無力感を覚え気持ちを和らげる為にやった」と話しているという。教育委員会は「信用を失墜させる行為」として懲戒処分を検討している。



〓 関連記事 〓
脱法ドラッグを使用して救急搬送された教諭、停職6か月
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク