FC2ブログ

体罰で減給の女性教師に関し、保護者ら「処分が軽すぎる」と不服申し立て

2012年07月27日 毎日新聞 毎日jp 埼玉版

県立三郷支援学校教諭の体罰:処分を受け 保護者、不服申し立てへ 「軽すぎる」 /埼玉

 県立三郷特別支援学校(三郷市)で女性教諭(31歳)=病気休職中=が当時小学1年の児童らに体罰を繰り返していた問題で、体罰を受けていた男子児童2人の保護者が26日、県庁で記者会見を開いた。女性教諭が減給6カ月(10分の1)の懲戒処分を受けたことについて、保護者は「日常的な体罰で子供は深く傷を負ったのに処分が軽すぎる」と訴え、今後県教育委員会に不服を申し立てる方針を明らかにした。

 出席したのは、ともに知的障害がある男児2人の保護者で、浦畑味希さん(38)=草加市=と、新井辰也さん(35)・梨佳さん(32)夫妻=同=の3人。

 浦畑さんの長男(7)は昨年5月ごろから連日のように顔を腫らしたり、すり傷やあざを作ったりしていた。浦畑さんは「子供は今も夜泣きが止まらず苦しんでいる。二度と起こらないようにしてほしい」と述べた。

 新井さんの長男(8)は女性教諭から繰り返し「嫌い」と言われていた。今年度から新たにクラス担任になった男性教諭も、暴言を繰り返したといい、現在は不登校になり学校に相談しているという。「傷つける言葉が教育なのか」と訴えた。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク