FC2ブログ

酒気帯び運転で衝突事故を起こした教諭を逮捕 / 鹿児島

2015年10月31日(土)12時40分 NHK NEWSWEB鹿児島放送局

中学教諭 酒気帯び運転容疑

志布志市の公立中学校の男性教諭が30日夜、車を運転中に別の車と衝突する事故を起こし、呼気から基準を超えるアルコールが検出されたことから酒気帯び運転の疑いで警察に逮捕されました。
逮捕されたのは志布志市の公立中学校の教諭で曽於市大隅町中之内に住む八木勇樹容疑者(32)です。

警察の調べによりますと八木容疑者は、30日夜10時半すぎ乗用車を運転中に鹿屋市寿の市道の交差点で別の乗用車と出会い頭に衝突する事故を起こし、駆けつけた警察官が調べたところ、呼気から基準を超えるアルコールが検出されたということです。
このため警察は八木教諭を酒気帯び運転の疑いでその場で逮捕しました。
この事故で普通乗用車を運転していた39歳の女性と中学生の娘が首に軽いけがをしました。
警察の調べに対し八木教諭は「飲酒運転をしたことは間違いありません」と容疑を認めているということで警察は、どれくらい酒を飲んだのかなど詳しい経緯を調べています。
教諭が逮捕されたことについて志布志市教育委員会、学校教育課の松元伊知郎課長は「服務に関してはこれまで繰り返し指導してきたが、このような事態が発生して誠に遺憾だ。今後も指導を徹底していく」と話しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年03月14日(月) KTS鹿児島テレビ

公立の教職員2人を懲戒免職処分

 県教育委員会は14日、飲酒運転し、事故を起こした教諭とわいせつ行為を行った学校職員のあわせて2人を懲戒免職処分としたことを発表しました。

 懲戒免職処分となったのは、志布志市立宇都中学校の臨時採用の八木勇樹教諭です。県教委によりますと八木教諭は、去年10月、酒を飲んだ後に車を運転し鹿屋市で事故を起こし、けがをさせたということです。また、県教委は、県立学校の職員がわいせつ行為を行ったとして今年度中に懲戒免職の処分を行ったことも発表しました。県教委は「被害者などの人権に配慮すべき事情がある」として所属や氏名、年齢、性別、事案の概要を公表していません。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
検索フォーム
リンク