FC2ブログ

特別支援学級の生徒 教諭に押さえられ軽傷

2015年8月12日(水)21時18分  NHK NEWSWEB

特別支援学級の生徒 教諭に押さえられ軽傷

埼玉県和光市の中学校で、先月、60歳の男性教諭が、特別支援学級に通う中学3年生の男子生徒の体を手で押さえつけ、首に軽いけがを負わせていたことが分かり、市の教育委員会は「不適切な指導だった」として詳しいいきさつを調べています。

関係者によりますと、和光市立の中学校で先月10日、特別支援学級の保護者会が開かれたあと出席者が教室で懇談していたところ、このクラスに通う中学3年生の15歳の男子生徒が入ってきたため、60歳の男性教諭が入ってこないよう注意しました。
その際、生徒が教諭を手で振り払おうとしたために、教諭が生徒の体を手で押さえつけ、首に軽いけがを負わせたということです。
中学校の校長から連絡を受けた市の教育委員会が聞き取り調査をしたところ、教諭は「生徒が手を出したため、思わずかっとなってしまった」と話したということです。
教諭は、この中学校で特別支援学級に通う生徒の指導を担当していて、ことし3月に定年退職しましたが、県の再任用制度によって勤務を続けていました。
和光市教育委員会は、「力による不適切な指導があったことは間違いない。詳しいいきさつをさらに調べている」と話しています。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
検索フォーム
リンク