FC2ブログ

万引きや不法投棄などで、教職員3人を停職や減給の処分

2012年5月22日 読売新聞

育休中の女性教諭が万引き…静岡

 静岡県教委は21日、万引きをした県西部の県立特別支援学校の女性教諭(31)を停職6か月としたほか、不法投棄などで教員2人をいずれも減給10分の1(3か月)の懲戒処分とした。教職員の懲戒処分は今年度、これで計4件となった。

 発表によると、特別支援学校の女性教諭は今年2月14日午後、磐田市内の食料品店で約4500円分の食料品を袋に詰めてレジを通らずに店外に出たところ、警備員に呼び止められて警察に通報された。その後、窃盗容疑で静岡地検浜松支部に書類送検され、不起訴となった。

 教諭は当時育児休業中で、精神的に不安定だったといい、「買い物中に空腹になった」と話したという。5月21日付で依願退職した。

 県東部の小学校の男性教諭(49)は昨年12月29日夜、小山町上野の山林に、自宅にあったゴルフクラブやコンピューターなど計約125キロのゴミを不法投棄し、廃棄物処理法違反で沼津簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた。

 教諭は「道徳上問題はあると思ったが、法に触れる認識はなかった。情けない」と話しているという。

 県立磐田北高の男性主任技能員(60)は2005年度から今年度にかけて計43回、学校で不要になった古紙などを磐田市内の回収業者に持ち込み、売却費計5万5497円を公金に入れず、私有する軽トラックの維持費に流用した。4月に同僚から同校に指摘があり発覚した。技能員は「軽トラックは学校で仕事に使っていたので、当時は問題ないと思った」と説明しているという。

 安倍徹教育長は「不祥事根絶を最重要課題として取り組んでおり、実践的な指導や校内研修などを通じて信頼回復に努めたい」とコメントした。

関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク