FC2ブログ

髪染め修学旅行で体罰…慰謝料求め提訴

2012年7月20日 読売新聞

髪染め修学旅行で体罰…慰謝料求め提訴

 宮崎県日向市立中学の教諭3人が2009年7月、修学旅行中に当時2年生の男子生徒に体罰を加えた問題で、現在高校2年の男子生徒(17)が日向市を相手取り、慰謝料など145万円の損害賠償を求めて宮崎地裁延岡支部に提訴したことが分かった。


 訴状などによると、男子生徒は頭髪の一部を染めて修学旅行に参加。京都市内の宿泊先で、教諭ら3人に30分間にわたって殴る蹴るの暴行を受け、理髪店で丸刈りにされた。暴行によって肉体的、精神的苦痛などを受けたと主張している。


 生徒の父親によると、修学旅行後、学校側から金銭による示談を打診されたが、金額の根拠などが示されず、折り合わなかったという。父親は「きちんとした話し合いがなく、このままでは納得できない。教諭らは真摯(しんし)に反省してほしい」と話している。


 この体罰を巡り、教諭3人は暴行容疑で書類送検されたが、宮崎地検延岡支部は09年12月、「反省している」などとして不起訴(起訴猶予)とした。延岡検察審査会は不起訴不当として地検は再捜査したが、再び不起訴(同)になった。県教委は10年5月、3人を戒告の懲戒処分とした。


 日向市教委は「訴状の内容を確認し、顧問弁護士とも相談して適切な対応をしたい」とコメントした。
関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
検索フォーム
リンク